バドガシュタイン鉱石とは

 ローマ帝国時代から温泉保養地として知られていたバドガシュタインでは、近年に放射線ホルミシスが始まり沢山の難病患者がヨーロッパから集まるようになりました。
 現在ではヨーロッパ有数の治療目的とした保養地となっています。
 健康を目的として使用する岩盤では世界一と言われるバドガシュタインの鉱石を「秋留の郷」でも採り入れています。この鉱石から遠赤外線・低濃度放射線が発生し、身体に様々な効果をもたらせます。
(「湯処 阿伎留の四季」HPより)



 SEVの活性化技術

 「秋留の郷」の磊床浴には、岩盤の下にSEVプレートが設置されています。

 SEVは鉱石に働きかけ、SEVの活性化技術が鉱石の本来の性質を最大限に引き出します。

 これにより、鉱石の遠赤外線・低濃度放射線を発生する性能が活性化され、より効果的に身体に働きかけるようになります。





 究極の癒し「磊床浴」

 世界一といわれるバドガシュタイン鉱石とSEVとの融合により、究極のリラクゼーション施設「磊床浴」が完成しました。

 より効果的な「磊床浴」
 SEVの活性化技術によって性能を最大限に引き出されたバドガシュタイン鉱石が、身体を芯から温め、日常の疲れを癒してくれます。

 空気にも注目!
 SEVは鉱石だけでなく、施設の空間全体にも効果を及ぼします。
 これにより、施設内の空気も活性化され、特有の気になるニオイや圧迫感を軽減し、より快適にリラクゼーションを楽しめます。
 
ぜひ一度、究極の癒し空間を体感してください!

「湯処 阿伎留の四季」導入事例へ