4月13日に開幕したゴルフ日本男子ツアー。開幕戦の「東建ホームメイトカップ」から、株式会社プレジャー様が運営する「ツアー・フィットネス・カー」のサポートが始まりました。

「ツアー・フィットネス・カー」をサポート

 「ツアー・フィットネス・カー」とは、ゴルフツアー会場で選手の身体をケアする移動式の治療室です。
 SEV GOLFは、よりよい治療空間を提供するために、プレジャー様をサポートさせていただきました。
 車輌や空間にSEVを導入することはもちろん、トレーナーの方々にもSEVをお使いいただいています。(写真=左:フィットネス・カー、右:治療スペース)
施術台・治療スペース全体をSEV化

 治療を受ける選手がより快適にリラックスできるように、4台ある施術台すべてにSEVを装着しました。
 また、治療スペース全体をSEV化するために空間用SEVを導入しました。(写真=左:施術台のひとつ、右:台の下にSEVを装着)
コラボレーション プレジャー×SEV

 プレジャー様とSEVとのコラボレーションが実現。プレジャー仕様の「SEVベッドパッド」「SEVルーパーtypeM」が登場しました。
 これらの商品は「ツアー・フィットネス・カー」限定で販売が始まりました。(写真=左:「プレジャーSEVベッドパッド」、右:「プレジャーSEVルーパーtypeM」)
トレーナーもサポート

 プレジャー社長の成瀬克弘さんをはじめ、3人のトレーナーにもSEVを装着していただきました。
 1日に何人もの選手を治療するトレーナーの肉体的、精神的負担は相当なものです。SEV GOLFは心身の疲労を軽減するために、トレーナーの方々もサポートしています。(写真=プレジャー様スタッフと弊社スタッフ)
車輌もSEV化

 「ツアー・フィットネス・カー」の車輌にもSEVを導入。エンジン周辺など、車輌全体をSEV化しています。
 また、自家発電システムにもSEVを導入しています。(写真=左:エンジン周辺、右:自家発電機)
>>成瀬さんインタビュー
>>株式会社プレジャー